花粉症で目が痒くなっても手でかかない事!

不意に目が痒くなって、ゴシゴシと手で擦っている人をよく見かけますが、多分あの後眼球が真っ赤になってしまったり、まぶたにものもらいのような症状が出たりするんだろうなー?と想像してしまいます。

手で擦ってそれで急激なかゆみを緩和する事は可能ですがその痒みをかいた代償として、まぶたや眼球に雑菌が付いてしまうのです。

すると、その雑菌の影響で更に痒くなったりまた炎症を起こしたりして、それで眼球が真っ赤になってしまったりまぶたに謎の症状が現れたりするのです。

それを回付する方法としましては、手や指を確実に除菌殺菌してからゴシゴシ擦るとかそんな工程が必要になります。が、とっさに痒くなったらそれは無理!な話ですね。

なので、手や指を拭く専用のアルコール除菌ウェットティッシュを常時持ち歩くのがお勧めです。

ちょっと目が痒くなった時!そのティッシュごしにかくのです。

すると、その後炎症が起きたり眼球が赤くなったりしないので、痒みの二次災害が防げる寸法になるのです。ので、よく目が痒くなるという人は、試しにこの方法で対処するようにしてみてください。

この方法で痒みを緩和した方が、目やになども取れるので一石二鳥です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ