ダイエット食品は効果が無くても売れるらしい

先日、誇大広告をしていたという事で、とある食品会社が自社で販売しているダイエット食品の、サプリの効果について指摘がありましたが。

実はダイエット食品と謳っていて確実に痩せた!痩せる!と言われている食品は、かなり少ないと言われています。

なので、確実に痩せるとは思えない材料で作られた商品でも、広告の仕方によっては人に痩せられそう?と言う錯覚を感じさせて、それで購買意欲を掻き立てさせるようです。

そんな感じなので、世の中に多く出回るダイエット食品は、今回摘発されたサプリのように効果がないにも関わらず、確実に痩せそうに見える広告表示をしていれば何でも売れる?という現状があるのです。

特に効果がなさそうな安い材料で作ったダイエット健康食品は星の数ほどありますが、それら一つ一つを飲んだり食べたりして検証するのは手間がかかるので誰もやっていないというのもありますが、そのスキマを突いて効果がないダイエット食品を販売し続けている会社もあるのです。

ただ、本当に効果があまり期待できない材料で作ったはずなのに、何故かダイエットに成功している人が続出!だった場合、その会社で痩せないと認識していた成分が実は効果があったかも知れない!という現実をもたらしてくれているのは言うまでもありません。

全てのダイエット食品が確実にダイエットができるとは言い切れませんが、信じる心が痩せる方向に作用する事もあるので、例え効果が期待できない成分ばかり使っているダイエット食品だったとしても、売れたらコッチの勝ち!というある意味卑怯な業界かもしれない。と思ったりしたのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ