「病気」の記事一覧

座席で同じ姿勢をしているとなりやすいエコノミークラス症候群

結局、長時間同じ姿勢で過ごしているとなりやすいとされているのがこのエコノミークラス症候群ですが、狭い空間で椅子に座って長時間過ごしている事によりふくらはぎ辺りの血管の血がよどんで血栓が出来て、それが心臓や脳などの細い血管に詰まって脳梗塞や心筋梗塞の原因となる。というのが、そもそものこの症状な訳ですが。

その実、別に椅子のように足を下に向けて座っていなくても、地べたに長時間胡坐をかいていてもなりやすいかもしれない事が、私の実体験で何となく分かったような気がします。

と言うのも、長時間同じ姿勢で地面に座布団敷いて、ちゃぶ台の上に置いたパソコンに向かって数時間動かずに集中していると、脚がむくんでくるんですよ。

それはそれは、立ち仕事をしていたんじゃないか!ってくらいむくむので、多分これがエコノミークラス症候群の走りなんじゃないか!と思ったのです。

つまり、どんな姿勢であっても脚が圧迫され続けたりまた、同じ姿勢で動けない状況に陥ったりしていると、この症候群になりやすいのだと実感したわけです。

もし、この私の仮説が正しければ、今も震災の避難所になっている体育館などでじっと座って過ごし続けている状況もまた、車の中で夜を明かす人と同じくらいエコノミークラス症候群になってもオカシくない事になります。

ので、ドコに避難していても同じ姿勢でジっと座っている事が多いというなら、なるべく1時間おきにでも脚をまっさーじしたりまたは、外を歩いてみたりするのが、この症状にならない秘訣だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ