「生活」の記事一覧(2 / 3ページ)

人類はいつ頃から体毛を捨ててすべすべお肌になる事を選んだのか?

この間、長男が帰宅してからずっとこの話をしていたんですが。

いや、長男がちょっと第二次成長期に入って、それで体毛の話が出たんですよ。

いつ頃から脚の毛がモジャモジャ濃くなるのか心配だと言ってきたので、大昔はモジャモジャが普通だったんだから、多分男子の体毛が濃くなる背景にはそういった昔の名残というか先祖がえりというか、そういう機能が出てくるからなんじゃないか?という話になったのです。

じゃあ、成長期に男子が毛深くなるのは人類学的に言うと退化している!という事になるんじゃないか?と言う長男に、私はそうかもしれないねーと答えて、色々議論して面白かったですね~。

ただ、進化している部分があるとすればそれは確実に身長と言うか脊椎で、今の人類は確実に身長が高くなりつつあるという事から、あと数万年したら人類身長3m化も夢じゃないね!と思いを馳せながらしかし、女子の身長は大体160cmくらいで止まるからそれはないかもねー。と現実に戻ったりして、人類の進化と退化について色々考えたりしましたよ。

でも、最大の謎である、モジャモジャを捨ててスベスベお肌になった経緯は結局水中での活動を楽にするため。と言う結論しか出なかったのですが、じゃあそのうち水中での暮らしを選んだ人類から分かれた種族が人魚になったりはしてないだろうか?という考えには誰も賛成しなかったので、ちょっと残念でした。

同性同士の兄弟の方が仲が良さそうに感じる

実は私は兄弟は一応弟がいるのですが、弟と慣れ合ったのは多分私が中学生くらいまでだったと思います。

私が高校生、弟が中学生になると、もうお互いの生活リズムも帰宅時間もバラバラになるので、顔を合わせる時間といったら朝学校に行く時とか、夜ご飯を食べる時くらいと限られた感じになっていったと思います。

しかし、同性同士の兄弟の人に話を聞くと、結構大人になるまで一緒に買い物に行ったとか、仲間内でよくスポーツしたぜ!とかいう話を聞くので、何か同性同士の兄弟の方がずっと中良さそうにしていて良いなーと思っていたのです。

ただ、そんな同性同士の兄弟を自分で産んでみて気付いたのですが、とにかく男同士の兄弟は途中までは多分ホモっぽいというか、何でそんなに男同士でベタベタしていられるのかが不思議でなりません。

そのベタベタっぷりを二人に追及してみると、これがまたお互いを否定するんですがどう見たってお互いを意識しているようにしか見えない、言わば兄弟でツンデレ状態な感じなのです。

これをその筋の通(いわゆる腐女子という人達)が見たら、多分歓喜の嵐になるんじゃないか。とか思うんですが、ウチの近所に腐女子の知り合いなどは住んでいないので、今のところまだ実害被害は出ていませんが、ただ、そういうネタというか、男子同志の兄弟はそんな感じになる事が多いかも知れないという事だけは事実です。

ただ、我が家には男子の兄弟しかいないので、女子の姉妹がいるお宅ではどんな感じなのか。という疑問も湧きますが、でも大体男子と似たようなところはあるよと言うので、多分そのような感じなんだろうと勝手に想像して脳内補正している感じです。

兎にも角にも、仲良きことは美しきかなーという事で、いつまでも仲の良い兄弟で居続けていて欲しいものです。

調子に乗って自分へのご褒美をやっていると太ります

世界中から日本中から美味しそうなチョコレートがところ狭しと並べられた特設会場が、有名デパートに設置されると、ああーあの甘い季節が到来したな!と思います。

そうです、その昔、日本に駐留していたバン・アレン大尉にギブミーチョコレート!と言ってチョコレートを貰ったのが起源ではない、あのバレンタインデーです。

気になる男子にチョコを渡して想いを伝えるという風習が日本では一般的ですが、海外などではパートナーや家族に感謝を伝えるイベントという事になっているようですね。

なので、海外から日本に来て初めてバレンタインデーにチョコを贈るまたはチョコが販売されまくっている光景を見たどこその国の方々は、かなり驚愕するそうです。

「自分の国の一番美味しいチョコが日本でも買える!」とかナントカもう、別の意味で驚いている人が多いようです。

そんな感じで世界中のチョコレートが日本に集まってくるので、この機会に世界中の色んなチョコを自分で食べて楽しむ女性の方々が増えているそうなのです。

特に好きな気になっている男性も居ないし、自分へのご褒美だ!と言っては、有名ブランドのチョコや旅行に行かないと本当は買えない希少なチョコなどを買い漁り、食べまくるというのです。

しかし注意してください。食べ過ぎると太ります。

珍しいチョコも食べてみたいかも知れませんが、ここは何固か何種類かに絞って、我慢しておく方が得策です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ